『Android』にカスタムROMを入れる方法、メリット!【スマホ、カスタムリカバリー、ROM焼き】

カスタムROM

f:id:rick1208:20201124162254p:plain

AndroidスマホのOSと言えば、その名の通りAndroidです。Androidは「AOSP(Android Open Source Project)」というオープンソースプロジェクトで開発されているため、Androidソースコードはフリーで入手することが可能です。

今回ご解説するカスタムROMとは、このAndroidソースコードから有志がOSを作成したものです。スマホにデフォルトでインストールされているAndroidはメーカーが搭載しているものなので標準のROMとなります。

一方カスタムROMは、メーカー製のAndroidではなく有志がカスタマイズしているAndroidなのでカスタムROMというわけです。プログラマーであれば、作り方が分かれば自分自身でもカスタムROMを作成できてしまいます。

カスタムROMを使うメリット

f:id:rick1208:20201124162422p:plain

カスタムROMを使うメリットですが、基本的にAndroidスマホのアップデートがメーカーから提供される期間は大体2年前後、長くて3年といったところです。なので、アップデート提供が終了したAndroidスマホは新しいバージョンのAndroidOSを導入可能でせんし、セキュリティアップデートが提供されないためシステムに脆弱性があった場合に危険です。

そこで、カスタムROMの出番です。もし利用しているAndroidスマホのカスタムROMを有志の方が作っていれば、最新バージョンのAndroidOSを導入することができたり、セキュリティアップデートを行い、脆弱性への対処を行うことが可能なようになります

AndroidにカスタムROMを入れるためのやり方

f:id:rick1208:20201124162452p:plain

ブートローダーをアンロックする

ブートローダー(BootLoader)は、Androidの起動時にROMを読み込んで起動させるプログラムです。カスタムROMを導入する(ROM焼き)にはこのブートローダーの書き換えを行う必要があるのですが、基本的にメーカーはブートローダーのロックをかけています。

ですので、最初にブートローダーのアンロックを行いましょう。アンロックの方法は機種によって異なり、専用のアプリを導入する方法やパソコンに接続してツールを使う方法など色々なものがあります。

初心者の方にとってはここがハードルになるのですが、アンロック方法は実ときにその機種をアンロックした方がいて、Webで公開しているかが問題になります。もし自分自身が利用している機種のアンロック方法を公開している方がいなければアンロックは諦めましょう。

カスタムリカバリーを導入する

Androidスマホの標準リカバリー機能ではカスタムROMをインストールすることができないので、カスタムリカバリーを導入しましょう。カスタムリカバリーで代表的なものは「TWRP(Team Win Recovery Project)」と呼ばれるものです。下記リンク先がTWRP公式サイトなので、ここから自分自身の機種のカスタムリカバリーを導入しましょう。
TeamWin - TWRP


カスタムROMをインストールする

カスタムリカバリーを導入してカスタムROMを用意したら、いよいよインストールです。Androidスマホでカスタムリカバリーを起動したら、「Wipe」からAndroidスマホを初期化します。続いてカスタムROMのファイルを選びて、カスタムROMをインストールしましょう。これで、標準のAndroidOSからカスタムOSに入れ換えることが可能です。

おススメのカスタムROM

f:id:rick1208:20201124060028p:plain

LineageOS

f:id:rick1208:20201124162619p:plain
「LineageOS」は人気のカスタムROMで、色々な機種をサポートしているため導入可能な可能性が高いです。

LineageOS – LineageOS Android Distribution

MoKee

f:id:rick1208:20201124162656p:plain

上記のLineageOSをベースにカスタマイズしているのが「MoKee」です。

MoKee Downloads