『システム無人スリープタイムアウトの時間』を調整する方法!【Windows、pc、無効化、解除】

システム無人スリープタイムアウト

f:id:rick1208:20210821010956p:plain

Windows10のパソコンで、スリープを解除したのにも関わらずすぐにスリープに戻ってしまい困ってしまったことはありませんか?これは、「システム無人スリープタイムアウト」の影響によるものです。

システム無人スリープタイムアウトとは、スリープ解除されてからユーザーが何も操作を行わなかった際に再度スリープに移るための時間設定のことを指します。

この記事では、システム無人スリープタイムアウトの時間を無効化・調整する方法をご説明していきます。

システム無人スリープタイムアウトの時間を調整する

f:id:rick1208:20210821032131p:plain

それでは、システム無人スリープタイムアウトの時間を調整する方法を説明します。まずはデスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コマンドプロンプト」を押しましょう。

  • ATTRIB_HIDE」とコマンドを記入してEnterキーを押しましょう。これで「システム無人スリープタイムアウト」項目が出るようになります。

f:id:rick1208:20210821032705p:plain

システム無人スリープタイムアウトの時間を調整するにはスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」を押しましょう。


f:id:rick1208:20210821032725p:plain

コントロールパネルが出るので、「システムとセキュリティ」を押します。

項目一覧の中から、「電源オプション」を押しましょう。


f:id:rick1208:20210821032736p:plain

「電源プランの選択またはカスタマイズ」画面が出るので、現在使用しているプランの右側に出ている「プラン設定の変更」を押しましょう。


f:id:rick1208:20210821032747p:plain

「プラン設定の変更」画面が出るので、「詳細な電源設定の変更」を押しましょう。


f:id:rick1208:20210821032756p:plain


「電源オプション」ウィンドウが出るので、「スリープ」→「システム個人スリープタイムアウト」の順に展開します。

「設定(分)」の記入欄を「0」にして「OK」を押しましょう。

0分に設定することで、システム無人スリープタイムアウトを無効化することができます。


f:id:rick1208:20210821032807p:plain