Twitterの『位置情報』を削除、オフにする方法!【住所、現在地、iPhone、android、スマホ、pc】

ツイッターの位置情報

f:id:rick1208:20210822074234p:plain

位置情報は、投稿のどの部分につけられているのでしょうか?

投稿の下部、投稿日時の右側に出ています。

f:id:rick1208:20210822070459p:plain

位置情報があると居場所・居住地が特定される可能性がある

ツイッターでのツイート作成時、誤タップなどひょんなことから位置情報が付いてしまうことがあります。

任意で位置情報を付けるときは、県・市レベルのおおまかな位置のみに限定することができますが、丁目・番地レベルの細かさで位置情報が付いているとき、その情報だけで所在地・居場所・住居などが閲覧者に分かってしまうことがあります。

また、それらのツイート内で「家からツイートしている」ことが確定的な内容のとき、簡単に家の特定ができてしまいますので、注意が必要です。

ツイートの位置情報はどのタイミングで付いてしまう?

ではリスクのある「位置情報付きツイート」ですが、どのようなことをきっかけに付いてしまうのでしょうか?


・ピンアイコンタップ時に位置情報が付いてしまう

ツイート作成時にこちらのアイコンを押すと、
f:id:rick1208:20210822070542p:plain
次の画面にて位置情報・住所名の選択画面が出、いずれかの地名・住所を押すか、予めセットされている県・市の状態から終了を押すと、その時点で、位置情報が組み込まれたツイートになります。

すぐさま紐付けた位置情報が世に公開されている状態ではありませんが、そのままツイートしてしまうことで、知らず識らずの間に位置情報を紐付けたツイートをしてしまっている、ということになります。


・画像添付時に位置情報を付けるように勧められる

後述する設定にて、ツイッターに位置情報の共有を許していなくても、

画像ツイートを行うタイミングなどで、アプリ側からこのように位置情報の設定を勧められます。
f:id:rick1208:20210822070616p:plain
ここから何気なく設定を進めていくことでも、位置情報が結びついたツイートをしてしまうことがあります。


・一度付けると、以後のツイートも位置情報が付けられる

ツイートへの位置情報提供を一度でも行うと、それ以後のツイートも基本的に位置情報が付いた形でのツイートになります。

ですので、一度位置情報を付けた状態にしたときは、設定からアプリへの位置情報提供をオフにするか、ツイート編集時に位置情報を都度消去しておく、ということが求められます。

プロフィールにも「現在地」として位置情報の設定が可能

ツイッターでの「位置情報」の活用場所としてはツイート以外にも、プロフィールにも設定することができます。

プロフィール編集画面にて場所という項目がありますので、そちらを押し、

自由文を記入する形式で場所名・地名を記入することができます。
f:id:rick1208:20210822070659p:plain
ただし、この場所はGPSなどの仕組みと連動して出るものではなく、自由な文章が記入でき、地名ではなくても設定することができます。

ツイッターの位置情報をオフにする方法

ツイッターの位置情報は、設定がオンになっていたら自動で投稿についてしまうこともあります。なので、位置情報を投稿に表示したくないときには設定でオフにしておきましょう。

ツイッターアプリで位置情報を無効にする方法

自分のアイコンを押し、設定とプライバシーを押します。

f:id:rick1208:20210822070729p:plain
プライバシーとセキュリティを押します。

f:id:rick1208:20210822070744p:plain

正確な位置情報を押します。

f:id:rick1208:20210822070754p:plain

正確な位置情報がオン(緑)になっているときは、 オフ(白)にしましょう。
f:id:rick1208:20210822070803p:plain
これで自動的に位置情報が投稿についてしまうことはありません。

端末の設定アプリから「位置情報」を付けないようにする

端末の設定アプリから位置情報をオフにすることもできます。このとき、実際の位置情報を取得している端末からツイッターアプリに対して「位置情報を完全に遮断する」ことができますので、今後、基本的には位置情報を紐付けてツイートしない、という方はこちらの設定がおススメです。

設定アプリを開き、画面を下方向にスクロールすると、アプリの一覧がリスト状で出ますので、その中からツイッターの項目を探し、押します。

そうすると、ツイッターアプリに関連する設定項目が出ますので位置情報を押します。
f:id:rick1208:20210822070831p:plain
位置情報に関する項目は表示の3つから選択することができ、位置情報を完全に遮断するときは、なしを選びましょう。
f:id:rick1208:20210822070843p:plain
これにより、ツイッターアプリは位置情報を取得することができなくなり、誤タップなどで位置情報が付いてしまうことを防止することができます。

もし「位置情報」が付いていてもツイート作成中に消去できる

既にツイートに対し位置情報が付いているときでも簡単に消去することができます。

ツイート作成時に位置情報が付いていると、このようにピンマークの横に地名が出ます。
f:id:rick1208:20210822072859p:plain
この部分を押すと、

再度一覧画面が出ますので、画面左上の消去を押すと、
f:id:rick1208:20210822072905p:plain
このツイートに付けられた位置情報を消去することができます。


スポンサーリンク



ツイート後に位置情報を消去する方法

位置情報をオフにする方法をお伝えしましたが、それまで気づかないうちに投稿していたツイートに位置情報がついてしまっていたとき、「位置情報だけ消去したい」ということもあるかと思います。過去の投稿の位置情報だけをすべて消去する方法があります。

この方法はパソコンからしかできませんので、パソコンでツイッターにログインしましょう。ホーム画面の左側にあるもっと見るを押します。

f:id:rick1208:20210822073529p:plain

設定とプライバシーを押します。位置情報を押します。

f:id:rick1208:20210822073557p:plain

位置情報をすべて消去を押します。

f:id:rick1208:20210822073609p:plain

確認画面が出ますので消去を押します。

f:id:rick1208:20210822073818p:plain

再度確認すると、位置情報だけが消去されました

ツイッターで位置情報付きツイートを検索する方法

ツイートに位置情報が付くことは必ずしもリスクになることばかりではありません。ツイッターに存在する無数のツイートの中から検索機能を使って「特定の場所に関するツイートだけチェックする」ということができます。

ツイートに付けられている位置情報から、以下の検索を行うことができます。

特定の位置・あるいはその周辺に関するツイート
同じ場所に来たことがある人のツイート

ツイッター専用の「検索コマンド」で場所に関するツイートを検索する

ツイッターには実は豊富な検索コマンドが用意されており、それらを駆使することによって、「特定の場所から半径◯メートル以内に関するツイート」などかなり具体的な地域指定をした検索を行うことができます。

例をあげると、検索ワード内に「near:[地名] within:[半径]」を挿れることによって、ある地域・スポットから指定した半径のエリアでつぶやかられた(位置情報がついた)ツイートをチェックすることができます。

それ以外でも「Geocode検索」として「緯度経度」からその地点でつぶやかれた情報を抽出する検索方法もあります。

その他にも色々な検索コマンドが提供されていますので、検索コマンドについての詳細はこちらの記事を御覧くださいませ!

同じ位置情報のツイートをチェックする方法

既に位置情報が付けられているツイートから、その場所と同じ位置情報が付けられているツイートを簡単に探すことができます。

投稿についている位置情報を押します。
すると、その場所の位置情報をつけた投稿が一覧でチェックすることができます。


ツイッターにアップされた写真に含まれる位置情報は特定可能?

スマホのカメラで撮影された写真の画像ファイルには、設定によって位置情報などの情報も含まれています。

もし、ツイッターに写真をアップしたとき、閲覧者がその画像を保存、解析して、写真の「撮影地」などを特定することができるのか?という点ですが、現在のツイッターの仕様では画像ファイル内の位置情報をアップ時に消去しており、画像から位置の特定はできない、とのこと。

>>
参照:画像のExifデータはどうなりますか?

(略)ツイッターは、ツイートされたメディアが端末のカメラで撮影されたものかどうかを分析するために、Exifデータを使用します。
ツイッターでは、画像処理を目的として一時的にExifデータを保持します。このため、ツイッターで画像を閲覧してもExifデータにはアクセスできません。

ツイッター ヘルプセンター