『USBメモリ』をクローンする方法!【複製、コピー、データ、アプリ、バックアップ】

USBメモリをクローン(複製)

f:id:rick1208:20210820202444p:plain

USBメモリをクローン化(複製)したいと思ったことはありませんか?よく使用するUSBメモリのバックアップを作成しておくことで、普段使用しているUSBメモリが読み込み・書き込み不可能な状態になってしまったときの保険になります。

この記事では、USBメモリをクローン(複製)する方法をご説明していきます。

USBメモリをクローン(複製)する方法

f:id:rick1208:20210820202611p:plain

手動で丸ごとコピーする方法

エクスプローラーでクローン元のUSBメモリ内にあるデータを全て選びて「Ctrlキー+Cキー(あるいは右クリックメニューのコピー)」でコピーした状態で、クローン化したいUSBメモリ内で「Ctrlキー+Vキー(あるいは右クリックメニューの貼り付け)」で貼り付ければ丸ごとコピーでクローン化することができます。

クローン化ソフトを使用する方法

ストレージのバックアップやクローン化を行えるソフトを導入することで、USBメモリをまるごとクローン化することができます。

無料版が用意されているアプリケーション「MiniTool ShadowMaker」を使用してUSBメモリのクローンを作成する方法を説明していきます。

「MiniTool ShadowMaker」は下記リンク先の公式サイトからダウンロードすることができます。

公式サイトにアクセスしたら、「今すぐお試し」を押して無料版のインストーラーをダウンロードしましょう。
f:id:rick1208:20210820202717p:plain
2020年のWindows向け最高の無料バックアップソフトウェア| MiniTool ShadowMaker



ダウンロードした「sm-free-online.exe」を起動すると、画像の通りインストーラーが起動するので「今すぐインストール」を押しましょう。

インストール場所の変更を行いたいときはウィンドウ右下の「カスタムインストール」をクリックすれば指定することができます。

f:id:rick1208:20210820203549p:plain

インストールが終了したら、「今すぐ開始」ボタンを押しましょう。インストーラーが終了してから、MiniTool ShadowMakerが起動します。

f:id:rick1208:20210820203600p:plain

MiniTool ShadowMakerのウィンドウ上部メニューから「ツール」を押して項目一覧を開き、「ディスククローン」を押しましょう。

f:id:rick1208:20210820203607p:plain

「ディスクのクローン」ウィンドウが出るので、「ソースディスク」にクローン元のUSBメモリを、「ターゲットディスク」にクローンにしたいUSBメモリを選びて「OK」を押しましょう。

これでUSBメモリのクローン化作業が行われます。

f:id:rick1208:20210820203613p:plain