リモートワークの『プリンター』の選び方!【インクジェット、レーザー、コストパフォーマンス】

リモートワーク

f:id:rick1208:20210821231732p:plain

リモートワークが推奨されていることもあり、作業環境を整えたいと思っている方は多いでしょう。特に、プリンターの紙やインクは消耗品なので、なるべくコストパフォーマンスを重視したいはずです。一般的には「インクジェットプリンター」「レーザープリンター」の2種類のプリンターが製造されており、それぞれメリット・デメリットが異なります。

インクジェットプリンター

インクジェットプリンターは、小型で置き場所に困らないので最も家庭用プリンターとして選ばれています。コンパクトサイズなのにも関わらず、高精度な機能が搭載されており、年賀状や写真の印刷も可能です。「家庭用のプリンターが欲しい」と思っている方は、インクジェットプリンターを選びましょう。

・「メリット」カートリッジの交換がラク

インクジェットプリンターは、いろいろな種類のカードリッジが発売されているので、比較的インクが手に入りやすいことがメリットとしあげられます。モノクロはもちろんのこと、その他のカラーバリエーションも豊富なので、色の多いデータを印刷するときに、細部まで鮮明に表現できます。本体によって対応するインクが異なるので、購入する前にはあらかじめ互換性をチェックしておきましょう。

・「デメリット」大量印刷は不向き

インクジェットプリンターは高精細な印刷ができるのですが、インクの消耗が早いので大量印刷をするとすぐにインクがなくなってしまいます。また、インクの価格が高いことから頻繁に使う方にとっては、今まで以上にコストがかさんでしまうでしょう。

レーザープリンター

レーザープリンターは、レーザーによる感光を使用して印刷するモデルです。オフィスやコンビニに導入されていることが多く、大量印刷をしたいときにおススメです。業務用として活用されることが多かったのですが、最近では、家庭でも使用できるコンパクトな商品も登場しています。

・「メリット」印刷スピードが速い

レーザープリンターの最大の特徴は印刷スピードが速いことです。短時間で大量の印刷ができるので、リモートワーク用として活用できます。本体価格は高価ですが、1枚あたりの印刷コストは低く、長い視点で考えるとインクジェットプリンターよりもお得に使えるのです。

・「デメリット」色彩表現が甘いモデルが多い

インクジェットプリンターよりもカードリッジの種類が少なく、自分好みのインクが手に入らないことがあります。また、色の再現性が甘いモデルも多いので、写真や年賀状のプリントに満足できないという意見も耳にするので、モノクロかつ大量印刷をしたい方におススメです。

プリンターの選び方

「いろいろなメーカーがプリンターを発売しているから、どれを選んだら良いかわからない」と思っている人のために、プリンターの選び方を説明します。


スポンサーリンク



複合機と単機能のタイプを明確にする

プリンターには印刷だけではなく、スキャンやFAXなどの機能が搭載された複合機印刷機能だけに特化した単機能タイプがあります。複合機と単機能は機能性だけではなく、本体価格も左右するので、ご自身の用途を明確にしておきましょう。

複合機の特徴

複合機はコピーに加えてスキャンやFAX機能が搭載されたモデルです。「リモートワーク中に書類をスキャンして送りたい」「PDFファイルを印刷したい」というシーンで大活躍します。

仕事用のデータはもちろんのこと、保険証やマイナンバーのコピー、FAXの送受信に使用できるので、ご家用としてもおススメです。

・単機能の特徴

単機能タイプは印刷機能に特化したプリンターです。「FAXやスキャンは使わない」「印刷機能だけでいい」という方は単機能プリンターを選びましょう。複合機に比べて低価格かつ本体サイズが小さい傾向があるので、導入する手間もかかりません。

メーカーで選ぶ

プリンターの主要メーカーと言えば、「Canon」「EPSON」「brother」が挙げられます。メーカーによってプリンターの特徴が異なるので、メーカーを基準にして選ぶ方も多いようです。下記では、プリンターの主要メーカーの特徴を説明します。

Canonの特徴

国内のインクジェットプリンターシャア率2位を誇るCanonは、画像や写真、テキストを鮮明にプリントするハイブリッドインクが人気。文字の印刷には顔料インク、写真の印刷には染料インクを採用しており、用途によってインクを使い分けることで、色の再現性を追求しています。

リモートワークはもちろんのこと、日常的に使用したいという方にもおススメです。Canonのプリンターの中でも「PIXUS」は全てのバランスが整っている高性能モデルとして注目されています。

EPSONの特徴

国内の大手プリンターメーカーとして高い人気を誇っているEPSONエプソン)は、6色や8色のインクを使って印刷する「カラリオ」シリーズが主要商品として挙げられます。

効率的な印刷に優れているエコタンクを搭載しており、インクを交換する手間が少ないことも魅力。大量印刷にも優れているので、リモートワークには最適なモデルです。

・brotherの特徴

brother(ブラザー)は、高性能かつ低価格のプリンターを扱っており、インクジェットプリンターレーザープリンターともに多くの方から愛用されています。

インクジェットプリンターは、仕上がりによって染料と顔料を使い分けており、画像や写真など鮮明な表現をしたいときにもおススメ。また、小型かつリーズナブルなレーザープリンターを実現させたことで、家庭でも大量印刷が可能になりました。