カメラ用ブロアー、スプレーのメリット!【デメリット、レンズ、エアダスター、クリーニングクロス】

カメラレンズを手入れするときの注意点

f:id:rick1208:20210821110928p:plain

カメラレンズを掃除するときに、下記の方法でおこなっている方は気を付けましょう。

息を吹きかけてティッシュで拭く
いきなりクリーニングクロスで拭く
スプレー式のエアダスターを使っている

余計にレンズを汚してしまうだけではなく、カメラレンズを劣化させてしまう恐れもあります。

息を吹きかけてティッシュで拭く

ドラマや映画を見ていると、役者がカメラレンズに「ハーッ」と息を吹きかけて、衣類やティッシュでゴシゴシ拭いているシーンを見かけます。カメラに詳しくない方は、「これが正解なんだ」と思ってしまうようですが、唾がレンズに付着して余計に汚れてしまうのです。

いきなりクリーニングクロスで拭く

カメラレンズ用のクリーニングクロスが販売されていますが、いきなりクリーニングクロスで拭くのはやめましょう。カメラレンズの表面には、ホコリや砂などが付着しているので、そのままゴシゴシ使うとレンズ表面にヤスリをかけていることになるのです。

クリーニングクロスを使用するときは、ブロアーなどで表面のホコリや砂を落としてから、糸くずや繊維が出にくいクロスでサッと拭き上げることがおススメです。基本的にカメラレンズを手入れするときに「こする」という行為は厳禁です。

スプレー式のエアダスターは優しく使う

スプレー式のエアダスターは強力噴射する商品が多く、カメラレンズに付着したホコリや汚れも一瞬で落ちるイメージもありますが、至近距離で噴射するとエアダスターのノズルが吹き飛んでレンズを傷つける恐れがあります。スプレー式のエアダスターを使うときは、力任せにおこなうのではなく優しい風をあてましょう。

カメラ用ブロアーの選び方

「いろいろなメーカーがカメラ用ブロアーを販売しているので、どれを選んだらいいかわからない」と思っている人のために、カメラ用ブロアーの選び方をご説明します。

風量の強さ

カメラ用ブロワーを選ぶときに大事なのは「風量の強さ」です。低品質の手動ブロアーは風量が弱く、カメラレンズ表面についたホコリや汚れを吹き飛ばせません。価格だけで選んでしまうと「まったく使えない、失敗した」と後悔してしまうでしょう。

インターネットで手動式ブロアーの購入を考えている方は、商品詳細やレビュー欄を参考にしてください。直接メーカーに問い合わせることも手段の一つですが、実際に使った方からの意見はとても大事です。

店舗で購入したい方は、店員に相談してみましょう。

持ち運びやすさ

「外の撮影が多いので、ブロアーを持ち運びたい」と思っている方は多いでしょう。大きいサイズの商品は風量が強いですが、持ち運びが不便という意見もあります。大風量かつコンパクトな商品を選ぶことがおススメです。

スプレー式・手動式

「スプレー式と手動式どっちが良いのかわからない」という方は多いでしょう。両者ともにメリット・デメリットがあるので、ご自身の使用するシーンに合わせて使い分けましょう。

・スプレー式のメリット:強力噴射ができる

スプレー式は強力なエアー噴射ができるので、表面のホコリや汚れを一気に落とせます。時間がないときにもサッと吹きかけるだけで手入れが終了。誰でも簡単に扱えるのは嬉しいポイントです。

・スプレー式のデメリット:常時購入しておく必要がある

スプレー式のとき、容器に含まれている空気が無くなったら購入する必要があります。常に容量をチェックしておかないと、使いたいときに空気が出ないということも考えられるのです。購入するときは1本だけではなく、数本セットで購入しておきましょう。

・手動式のメリット:自分の力加減で手入れができる

手動式は自分の力加減を変えると風量を調節できるので、スプレー式のように強力なエアーでレンズ表面を傷つけることはありません。汚れの落ち具合をチェックしながらおこなえるのはもちろんのこと、空気しか噴射されないので、レンズを汚す心配もなく気軽に使用できるのです。

・手動式のデメリット:長時間使用していると手が疲れる

レンズの隙間にホコリや汚れが付着しているとき、手動式のブロアーだけでは取り除けないことがあります。「握って離す」ことを繰り返すので、長時間使用していると手が疲れてきます。

ホコリや汚れが隙間に入ってしまったときは、手動式ではなくスプレー式がおススメです。

耐久性

カメラ用ブロアーには、「合成ゴム製」「天然ゴム製」「シリコン製」「ラテックス製」の商品があります。どれも機能性には優れていますが、合成ゴム製の商品は長期間使用していると劣化をしてひび割れを起こす事例が多いのです。

万が一、ひび割れに気づかずに使用をしていると、ブロアーの破片がレンズを傷つけてしまうこともあるので気を付けましょう。どうしても合成ゴム製の商品が良いという方は、経年劣化を起こしていないか頻繁にチェックすることが大事です。