『Steam WebMoney』の決済、購入、チャージ方法!【pc、ウェブマネー、メリット、課金】

Steam WebMoneyウェブマネー

f:id:rick1208:20201222192153p:plain

ゲームプラットフォームとして人気が定着してきているSteamですが、Steamでは使用可能な決済方法の選択肢のラインナップもそろっています。

その中で便利と注目されている決済方法の1つがWebMoneyウェブマネー)です。

WebMoneyウェブマネー)とは、1988年より開発・サービス提供されている電子マネー決済サービスで、現在はKDDIの子会社としてサービス管理・運営を行っています。

使用可能な媒体は増加傾向にあり、国内の代表的な電子マネー決済サービスの1つです。


f:id:rick1208:20201223060033p:plain


WebMoneyウェブマネー)は、コンビニ(セブンイレブンファミリーマート・ローソンなど)、ドラッグストア(マツモトキヨシツルハドラッグ・ウェルシア薬局など)、スーパー(イトーヨーカドー・イオンなど)、ウェブショップなどで主に使用可能です。

WebMoneyウェブマネー)はSteam対象のキャンペーンをよく催しているのでSteamとの相性が良い電子決済サービスです。


また、Steamの決済で余った残高は他のサービスの決済に使用可能なので気軽に使用可能なのもWebMoneyウェブマネー)のメリットの1つです。

ここではSteamで使用するWebMoneyウェブマネー)についてレビューします。

ウェブマネーのメリット

まず、ウェブマネーのメリットを以下に簡単にまとめました。

クレジットカードを使用しなくても支払いが済む

まず、WebMoneyウェブマネー)を活用することで、クレジットカードを使用しなくても支払いが済むというメリットがあります。

クレジットカードと併用することで、自分自身の都合に合わせた決済フローを組めます。また、クレジットカードを使うことに抵抗があるネットショッピングにも使用できて便利です。

コンビニでお手軽に使用可能

WebMoneyウェブマネー)は、コンビニでお手軽に使用可能な電子決済サービスなので、細かい支払いはWebMoneyウェブマネー)で手間をかけずに済ませられます。

セキュリティー面で安心

WebMoneyウェブマネー)は、プリペイド番号の記入など取引情報の全部を「SSL」暗号化で処理しているので、情報セキュリティーの面で安心して使用可能です。

Steam WebMoneyの購入・チャージ(課金)方法

f:id:rick1208:20201222191943p:plain

次に、SteamにおけるWebMoneyウェブマネー)の購入・チャージ(課金)方法について解説します。

コンビニなどのネットワーク端末から購入する

f:id:rick1208:20201223060150p:plain

WebMoneyウェブマネー)の購入方法として最も一般的な方法は、コンビニに設置してあるチケット発行端末で購入する方法です。

ファミリーマートの「Famiポート」、ローソンの「Loppi」などでWebMoneyウェブマネー)を購入可能です。

それぞれのチケット発行端末の操作パネルから、電子決済マネーの銘柄としてWebMoneyウェブマネー)を選んで、金額を指定して購入します。

購入手続きが済むと、チケット発行端末からレシートが発行されるので、そのレシートをレジに提示して支払いを済ませると、買ったWebMoneyウェブマネー)のプリペイド番号が記載された控えを渡されるので、後日そのプリペイド番号でチャージ(課金)可能です。

WebMoneyをSteamウォレットにチャージする

WebMoneyウェブマネー)を買ったら、次に買ったWebMoneyウェブマネー)をSteamのウォレットにチャージ(課金)します。

Steamクライアントソフトの画面右上に表示されている「¥」アイコンをクリックすると、ログインしているアカウントのSteamウォレット詳細画面に切り替わります。

変わった画面内の「+Steamウォレットに追加」をクリックすると、Steamウォレットにチャージ(課金)する金額を設定可能です(500円・1,000円など)。

金額を設定したら、次に支払い方法としてWebMoneyウェブマネー)を設定します。「お支払い方法」の項目の「編集」を押し、変わった画面内の「支払い方法」のプルダウンから表示されるメニュー内で「WebMoney」を選びます。

WebMoney」を選んだ後、「続ける」を押して「支払い方法」の画面に戻り、「Degicaに進む」を押します。

プリペイド番号を記入する

次の画面で、コンビニでWebMoneyウェブマネー)を買ったときに渡された控えに表示されている「プリペイド番号」を記入すればチャージ(課金)終了です。

直接、WebMoneyウェブマネー)を利用してゲームを購入するときも、同様に支払い方法としてWebMoneyウェブマネー)を選びて「プリペイド番号」を記入すれば、WebMoneyウェブマネー)でゲームを購入可能です。詳しいやり方は次項で説明します。


スポンサーリンク


Steam WebMoneyウェブマネー)の決済方法

f:id:rick1208:20201222192253p:plain

次に、SteamでWebMoneyウェブマネー)を利用して直接決済する方法を解説します。

支払い方法選択画面でWebMoneyを選択する

SteamでWebMoneyウェブマネー)を利用して直接決済する方法は簡単です。購入するゲームを選びた後、決済手続きに進みます。

次の「お支払方法選択」の画面で「WebMoney」を選び、同画面で「私は確かに日本に住んでいます」にチェックを入れて「続ける」を押します。

次の画面で「Steam使用規約の契約条項に同意します」にチェックを入れて「Degicaに進む」を押します。

最後に、氏名・WebMoneyウェブマネー)のプリペイド番号を記入し、「購入」をクリックすれば決済手続き終了です。

Steam WebMoneyの支払いでの気を付ける点

f:id:rick1208:20201222192620p:plain

次に、SteamでWebMoneyウェブマネー)を利用して支払いを済ませるときの気を付ける点について解説します。

残高が表示されない

WebMoneyウェブマネー)を使用する上で、不便な点の1つとして挙げられるのが「残高が表示されない」という点です。

WebMoneyウェブマネー)で決済手続きを行うときはプリペイド番号を記入しますが、その手続きの過程で残高チェックを行えません。

なので、決済手続きを行うまで残高が支払い金額に足りているのか分からず、決済手続き後、残高が支払い金額に足りていない場合は追加でプリペイド番号の記入を求められるので、WebMoneyウェブマネー)で決済手続きを行う過程で困惑する場合があります。

Steamはウェブマネーウォレットからの支払いはできない

WebMoneyウェブマネー)をSteamの支払いに使用する方法は、コンビニになどで買ったWebMoneyウェブマネー)をプリペイド番号を利用して、Steamウォレットにチャージする方法のみで、WebMoneyウォレットにチャージしたポイント残高ではSteamの支払いは行えないという点を留意しておきましょう。

WebMoneyウォレットでポイント残高のプリペイド番号を発行しても、Steamウォレットのチャージには使用可能でせん。

まとめ

f:id:rick1208:20201222195825p:plain

Steamの支払いをWebMoneyウェブマネー)を利用して決済してみましょう。

WebMoneyウェブマネー)は現在、国内で使用されている電子決済サービスとしては知名度が高く、多くの使用可能サービスを持つ電子決済サービスの1つです。

WebMoneyウェブマネー)はコンビニの支払いにもお手軽に使用でき、クレジットカードと併用して使用すれば、自分自身の都合に合わせた決済スタイルを工夫可能です。

また、WebMoneyウェブマネー)の取引手続きは全部「SSL」暗号化で処理しているため、セキュリティーの面で安心して使用可能です。

Steamの支払いをWebMoneyウェブマネー)を利用して直接決済する場合は、基本的に氏名・プリペイド番号を記入すれば手続きが済むので、簡便で使い勝手の良い決済方法といえます。

ただ、留意しておくべき点は、WebMoneyウォレットのポイント残高でSteamの支払いは行えないということです。

Steamで使用するWebMoneyウェブマネー)は、主にコンビニのチケット発行端末から買ったものを使用しましょう。