『Zoomのブレイクアウトセッション機能』の使い方!【設定方法、仕事、学校、pc】

Zoomのブレイクアウトセッション機能

f:id:rick1208:20201215051046p:plain

テレワークが推進されるようになり、仕事や大学などの学校の授業のオンライン化が進んでいます。

仕事や授業をオンライン化する上で欠かせないツールとして注目されているのが、Zoomです。

Zoomには、ブレイクアウトセッション機能があります。

ここでは、仕事や授業をより活性化させるのに役立つ、Zoomのブレイクアウトセッションを詳しく解説します。

Zoomミーティングで小部屋を作って分科会を設定可能な機能

大人数を集めて行うセミナー等では、参加者をいくつかのグループに分けて、分科会を行う場合があります。

Zoomでも同様に、メインのルームの中にグループセッションを設定可能な機能があります。

Zoomのブレイクアウトセッションとは、メインのミーティングルームの中で、参加者をいくつかのグループの小部屋に振り分けられる機能です。

仕事なら部署ごとに、授業なら講義の後のグループディスカッションに、セミナーなら全体会合の後の分科会に、ブレイクアウトセッションを活用可能です。

無料プランでも使える

Zoomを無料プランで使用している方も、多いです。


このブレイクアウトセッションは有料プランだけの機能だと思っている方も、多くいます。

しかし、実はZoomのブレイクアウトセッションは無料プランでも使用可能です。

もちろん無料プランには、3人以上のミーティングは40分以内の時間制限があります。

時間制限がある中で、ブレイクアウトセッションまで設定するのは大変と思います。

しかし、上手にセッティングして行えば、40分という時間制限がある分だけ、無料プランでもブレイクアウトセッションを濃密に効果的に活用可能です。

ブレークアウトセッションの存在に気が付かない理由

しかし、無料プランどころか有料プランを利用している方でも、ブレイクアウトセッションの存在に気が付かない場合が、多いです。

その理由は、初期設定では通話中のアイコンの中に、ブレイクアウトセッションが入っていないためです。

Zoomのヘルプを読んでから使用すれば、このような機能が使えることがわかります。

しかし、マニュアルを読まずに始めた方が気が付くのが、難しい設定になっています。

Zoomのブレイクアウトセッションの使用方法

f:id:rick1208:20201215050500p:plain

Zoomでブレイクアウトセッションの使用方法を解説します。

ホスト側がブレイクアウトセッションを設定し、参加者をグループに振り分ける使用方法と、参加者側がブレイクアウトセッションに参加する使用方法、それぞれの使用方法解説します。

ホスト側の設定方法

ホスト側のが設定する使い人は、次の通りです。

ブレイクアウトセッションを使えるように初期設定する

ホストが主催するミーティングで、ブレイクアウトセッションを使えるようにするのでに、ミーティングを設定する前に初期設定を行う必要があります。

初期設定は、Zoomアプリからは可能でせん。WebサイトのZoomのマイページから、設定します。

Sign In - Zoom



上記のリンクから、Zoomのマイページにサインインします。


f:id:rick1208:20201218214324p:plain



Zoomのマイページにサインインできたら、左サイドバーの「設定」を押します。



f:id:rick1208:20201218214335p:plain



「設定」画面を下にスクロールします。「ミーティングにて(詳細)」を押しても構いません。

「ミーティングにて(詳細)」の中に「ブレイクアウトルーム」があります。


こちらをオンにします。これでホストは、ブレイクアウトセッションを設定可能なようになります。

参加者のブレイクアウトセッションへの割り当てを、手動で行いたい場合は、「スケジューリング時にホストが参加者をブレイクアウトルームに割り当てることを許可する」にチェックを入れておきましょう。

グループセッションの作り方と参加者の割り当てから

f:id:rick1208:20201218214356p:plain

ブレイクアウトセッションを使えるように初期設定を行うと、主催したミーティングの画面に「ブレイクアウトセッション」のボタンが出現します。こちらでブレイクアウトセッションの設定が可能です。

ブレイクアウトセッションの設定は、ミーティングを開始してからでないと可能でせん。ミーティングをスケジュールしただけでは設定できないため、注意しましょう。


f:id:rick1208:20201218214413p:plain



Zoomのミーティング画面の下の「ブレークアウトセッション」を押します。


上記の画面が開きます。参加者をブレイクアウトセッションへ割り当てる方法は、自動で割り当てる方法と、手動でブレイクアウトセッションに割り当てる方法があります。


f:id:rick1208:20201218214425p:plain




手動で参加者を割り当てても、自動で割り当てても、セッションルームの名前をルームごとに変更可能です。


あらかじめ、セミナーの分科会の内容が決まっている場合や、仕事で部署ごとに仕事を割り当てたい場合は、手動で参加者を割り当てましょう。

セミナーなどで適当に参加者を少人数のグループに割り当てて、ディスカッションをしてもらう場合は、限られた時間内でグループ分けする必要があります。


そのような場合は、自動で参加者を割り当てる方が便利と思います。


スポンサーリンク


ホストがグループセッションに入る方法

Zoomミーティングの中で、参加者は割り当てられたブレイクアウトセッションに入るか、メインルームにいるか、どっちかしか選択可能でせん。


参加者が割り当てられていないブレイクアウトセッションに、入ることは可能でせん。

しかし、ホストは全部のブレイクアウトセッションに入れます。


参加者はホストに対してヘルプコールを出せます。ヘルプを求められた場合や、ディスカッションの様子を見たい場合は、ホストは自由にブレイクアウトセッションに出入りしましょう。


f:id:rick1208:20201218214517p:plain




ホストがブレイクアウトセッションに入る方法は、次の通りです。

Zoomの画面上のブレイクアウトセッションの設定画面から、ブレイクアウトセッションのROOMごとに表示されている「参加」のボタンをクリックするだけです。

参加者がブレイクアウトセッションに参加する方法

次に参、加者がブレイクアウトセッションに参加する方法を解説します。

ホストからの招待状で参加可能

ミーティングの参加者がブレイクアウトセッションに参加する方法は、ホストから受け取った招待状に記載されているリンクを、クリックすればOKです。

参加しているZoomミーティングで、ホストが参加者をブレイクアウトセッションに割り当てると、Zoomミーティングの画面上に招待状が表示されます。



f:id:rick1208:20201218215247p:plain


「参加」をクリックすると、その参加者はブレイクアウトセッションに参加可能です。

グループセッションからの退出方法

Zoomのブレイクアウトセッションからの退出方法も、解説します。

f:id:rick1208:20201218215358p:plain




参加者の画面上には、「退出」のボタンが表示されています。こちらをクリックすると、ブレイクアウトセッションルームから退出し、Zoomミーティングのメインルームに移動可能です。


f:id:rick1208:20201218215410p:plain




ホストの画面上には「ルームから退出」が表示されます。

こちらをクリックすると、いくつかの選択肢が現れます。ブレイクアウトセッションからのみ退出する場合は「ブレイクアウトルームを退出する」を押します。

他の選択肢を選んでしまうと、ミーティングが終了してしまったり、ホストなのにミーティングルームから退出してしまうため、注意しましょう。

Zoomでブレイクアウトセッションを行う場合の気を付ける点

f:id:rick1208:20201215050342p:plain

Zoomでブレイクアウトセッションを行う上での気を付ける点を、解説します。

録画は小部屋の参加者のローカル録画のみ可能

Zoomでは、ホストがあらかじめ参加者に録画を許可しておけば、参加者がブレイクアウトセッションを録画可能です。

しかし、ブレイクアウトセッションの録画は、参加者のパソコンへのローカル録画しか可能でせん。

ホストがクラウド録画を設定していても、ブレイクアウトセッションの様子をホストが録画することはできないため、注意しましょう。

小部屋のチャットはホストからは見えない

Zoomのブレイクアウトセッションでは、参加者同士がチャット可能です。


しかし、ホストがブレイクアウトセッションに参加しても、ホストにはチャットは見えません。

ホストには、音声と動画しか把握できない点を、あらかじめ理解してから使用しましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20201215050823p:plain

ここでは、Zoomで使用可能なグループセッションのブレイクアウトセッションを解説しました。

多人数のセミナーで分科会を行う場合や、仕事でZoomを利用している場合に全体を把握しながら部署ごとに仕事をする場合は、ブレイクアウトセッションの機能はとても便利です。

ぜひ、まだブレイクアウトセッションの機能を使ったことがない方も、この機会にブレイクアウトセッションの機能を利用してみましょう。