Zoom『ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください』の原因、対処法!

Zoomに「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」

f:id:rick1208:20201215050500p:plain

Zoomには、ミーティング内容を録画することが可能な便利な機能があります。

特に、Zoomセミナーの内容など大事な情報を後から再度チェックしたい時に役立ちます。



f:id:rick1208:20201219124650p:plain


しかし、自分自身が主催者ではないZooomの場合、「レコーディング」(録画)アイコンを押しても「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」というエラーが表示されます。

エラー表示の場合の原因と対策について解説します。

エラーが表示されて録画ができない原因

「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」というエラーが表示されて録画できないことには、大まかに2つの原因があります。

主催者側が録画権限の許可設定をしてない

Zoomには、必ずアカウント登録をしている「ホスト」と呼ばれる主催者がいます。

Zoom主催者であるホストは、ミーティングへの参加を許可したり、強制的にミュートにしたりすることが可能な権限を所持しています。

Zoomホストの権限の中には、録画機能を参加者が使う許可を与える権限も含まれます。

主催者側が録画権限の許可設定をしていない場合は、参加者側が勝手に録画を行うことが可能でせん。

主催者側が気づいていない

参加者側が録画ボタンを押したことも、「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」とエラーが表示されたことも主催者側には何も通知されません。

ですから、録画を許可してほしい参加者についてZoom主催者側が気づいていないことが原因の場合もあります。

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

  • Zoom
  • Business
  • Free
apps.apple.com

ZOOM Cloud Meetings - Apps on Google Play


Zoomに「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」の対策『参加者』

f:id:rick1208:20201215050342p:plain


f:id:rick1208:20201219125219p:plain


Zoomの参加者側が録画ボタンを押して「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」が表示されて録画ができない時の対策方法は、下記の通りです。

参加者側からリクエストを送る

Zoomで「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」とのエラー表示が出て録画ができない場合の対策方法があります。

それは、参加者側から主催者側に直接リクエストを送って録画の許可をもらうことです。

マイクやチャットで伝える

Zoom主催者側にリクエストを送るためには、マイクやチャットで伝えます。



f:id:rick1208:20201219125305p:plain



マイクやチャットで伝える方法

マイクで伝えるためには、画面下部左端にある「ミュート解除」アイコンを押してミュートを解除します。直接主催者側に話しかけて許可をもらうことが可能です。


f:id:rick1208:20201219125323p:plain



チャットで伝えたい場合は、Zoom画面下部中央にある「チャット」を押します。チャットの相手先を主催者に指定して、録画許可を求める内容を記入します。



f:id:rick1208:20201219125332p:plain



スマホの場合は、画面下部右端の「・・・」を押して、表示された「チャット」を押します。


録画許可などの設定変更を求めるリクエスト用のボタンは、Zoomには実装されていません。ですから、マイクやチャットなどで主催者側に伝える必要があります。


スポンサーリンク


Zoomに「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」の対策『主催者』

f:id:rick1208:20201215050823p:plain

Zoom使用中に、参加者側から録画許可の設定変更のリクエストを求められた場合の主催者側の対策については、下記の通りです。

パソコンで録画権限を設定する方法

Zoomでリクエストを求められた場合は、パソコン以外にもスマホタブレットなど、どのデバイスでZoomを使用している場合でも許可設定を行うことが可能です。

まず、パソコンで録画権限を設定する方法について解説します。


f:id:rick1208:20201219125436p:plain



Zoom使用中にリクエストが来た場合、ギャラリービューで許可を求めている参加者をチェックします。ギャラリービューにするには、画面右上のタイルアイコンを押します。

f:id:rick1208:20201219125452p:plain


Zoom画面下部中央にある「参加者」アイコンを押してチェックすることも可能です。画面右側に参加者の名前の一覧が表示されますので、そこでチェックします。



f:id:rick1208:20201219125504p:plain



ギャラリービュー画面でリクエストしている参加者の枠の右上にある「・・・」を押します。表示されたメニューの中の「レコーディングの許可」を選びます。



f:id:rick1208:20201219125513p:plain


参加者一覧の中の該当者にマウスを合わせる方法もあります。

表示された「詳細」を押して、その中の「レコーディングの許可」を選びます。

スマホで録画権限を設定する方法

スマホでも録画権限を設定することが可能です。


f:id:rick1208:20201219125535p:plain


Zoom画面下部にある「参加者」ボタンを押します。


f:id:rick1208:20201219125544p:plain


Zoom参加者一覧の中から、録画権限の許可を求めている参加者名を押します。

メニュー一覧が表示されますので、その中から「レコーディングの許可」を押します。

設定する人数が多い時は?

録画権限の許可設定を行う必要がある参加者の人数が多い場合は、主催者側ホスト一人で行うのは大変かもしれません。その場合の対策があります。


f:id:rick1208:20201219125604p:plain



録画権限の許可を求めている人数が多い場合は、信頼可能な参加者にホストや共同ホストの権限を与えて、録画権限の許可を担当してもらうことが可能です。

録画権限を設定する時の気を付ける点

Zoomの録画権限の許可設定を与えることは簡単ですが、そのときに覚えておくべき気を付ける点があります。

顔バレの可能性がある

気を付ける点の一つは、顔ばれの可能性があるということです。


Zoomで録画した動画がSNSなどで公開されると、当然のこととして他の参加者の顔が映って特定されることになります。

ですから、顔ばれしてもよいかどうかを他の参加者に事前にチェックする必要があります。

もし事前チェックを怠っていると、あとからトラブルが起こる原因になってしまいます。

内容の流出

もう一つの気を付ける点も当然のことですが、録画内容がSNSなどで公開されるとZoomでの会議内容が流出することになります。もしも、流出してほしくない内容が含まれるのであれば、信頼可能な参加者にのみ録画権限の許可を与える必要があります。

Zoomに「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」の対策『その他』

f:id:rick1208:20201216152758p:plain

録画権限の許可を与える設定は、それほど難しいものではありませんが、うまくできない場合が時としてあります。

録画権限を設定できない時の対策方法

やり方通りに行っても、録画権限を設定できない時の対策方法は、下記の通りです。

1回退出する

f:id:rick1208:20201219125741p:plain

うまく設定できない場合の対策方法は、1回Zoomを退出してみることです。

その後、もう1回再入室することで録画権限を設定する項目が表示されるようになります。

再接続する

f:id:rick1208:20201219125756p:plain

ネット環境が不安定な時は、うまくできない場合があります。

その時は、1回機内モードのオン・オフを行い、その後WiFiに再接続することが可能です。ネット接続がうまくいくと、録画権限の設定が可能なようになります。