『現在SmartScreenを使用できません』エラーの原因、対処法!【Windows10、pc、アプリ】

「現在SmartScreenを使用できません」


f:id:rick1208:20201205170628p:plain

Windows10のパソコンを使用してい、インターネット上からアプリケーションのダウンロードやインストールを行おうとすると、「現在SmartScreenを使用できません」というエラーメッセージが表示されてしまい、アプリケーションのインストールができないという症状が発生することがあります。

このSmartScreen(スマートスクリーン)とは、Windows10のセキュリティ機能です。

SmartScreenはアプリケーションの信頼性を評価するシステムで、まだ評価が確立されていないアプリケーションをダウンロードするときにSmartScreenが起動して警告が表示される・あるいはダウンロードがブロックされることがあります。

具体的には、マルウェアなどの危険なアプリケーションのインストールをブロックしたり、ウイルス感染を防いでくれるわけです。

しかし、上記の通りSmartScreenが使用できないと表示されるパターンがあり、この場合はSmartScreenを使用できないためアプリケーションの安全性がチェックできないのでインストールが行えなくなってしまうわけです。

「現在SmartScreenを使用できません」と表示される場合の対処法

f:id:rick1208:20201205154322p:plain

インターネット接続が切断されていないか確かめてみる

「現在SmartScreenを使用できません」と表示されたら、まず最初はインターネット接続が行われているのかどうか、ブラウザを起動して適当なホームページを開いてチェックしてみましょう。

SmartScreenはインターネット上のデータベースにアクセスすることでアプリケーションの評価をチェックするので、インターネット接続が行われていない場合は、SmartScreenが実行できなくなってしまいます。

インターネット接続が切断されていた場合は、再接続を行ってから再びインストールを実行してみましょう。

SmartScreenを無効化する

デスクトップ画面左下のスタートボタンを押してスタートメニューを開き、「設定」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201205170753p:plain


Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「更新とセキュリティ」を押しましょう。

f:id:rick1208:20201205170820p:plain


設定画面が表示されるので、左側メニューの「Windowsセキュリティ」を押して一覧を出して「Windowsセキュリティを開く」ボタンを押しましょう。

f:id:rick1208:20201205170832p:plain


Windowsセキュリティ」ウィンドウが表示されるので、左側メニューの「アプリとブラウザコントロール」を押しましょう。



f:id:rick1208:20201205170845p:plain

「アプリとブラウザコントロール」一覧が表示されるので、「アプリとファイルの種類」をオフに・「Microsoft EdgeのSmartScreen」をオフに・「Microsoft StoreアプリのSmartScreen」をオフにしましょう。これで、SmartScreenが無効化されます。

SmartScreenを無効化することで警告メッセージが非表示になってしまうので、アプリケーションのインストール時には十分注意するようにしましょう。
f:id:rick1208:20201205170903p:plain