「iPhoneを探す」でMacからiPhoneを探す方法!【位置、設定、操作、サウンド再生、紛失モード】

iPhoneを探す

f:id:rick1208:20200420221017p:plain

iPhoneを探す」という機能をご存知の人は少ないのではないと思いますか。知っていてもどういう機能なのか、使い人はわからないという人は多いと思います。

ここでは知っておくととても便利なMacなどのパソコンを使用してiCloud、comの「iPhoneを探す」機能の操作・使用方法についてご説明していきます。

Apple製品の位置を検出する機能のこと

f:id:rick1208:20200420231005p:plain
iPhoneを探す」という機能は、予め設定しておくことでApple製品を紛失してしまったときにMacなどのパソコンから位置を検出することが可能な機能です。よくiPhoneなどを失くしてしまう方にはMacから位置を検出可能な為かなりおススメです。

この機能はiPhone以外にも、「iPad を探す」、「iPod touch を探す」、「Apple Watch を探す」、「AirPods を探す」、「Mac を探す」がある為、Apple製品であれば、Macなどのパソコンを使用して大半のデバイスを探すことが可能です。

iPhoneを探すの設定方法

f:id:rick1208:20200420221041p:plain

では「iPhoneを探す」機能の設定方法をご説明していきます。「iPad を探す」、「iPod touch を探す」、「Apple Watch を探す」、「AirPods を探す」、「Mac を探す」についても設定・操作は大半同じの為是非参考にしてください。

設定自体はとても簡単なものになっているので、普段iPhoneMacを失くすことがない方でも万が一の時の為に設定しておくことをおススメします。

手順

f:id:rick1208:20200420213212p:plain
iPhoneを探す」機能の設定の手順ですが、まずiPhoneにある設定ボタンを押します。一番上にユーザ名があるので押し、次にiCloudを押します。
i
iCloudを押した後、下の方にいくと「iPhoneを探す」があるので押します。

iPhoneを探す」と「最後の位置情報を送信」をスライドさせてオンにして終了です。サインイン画面が表示された場合はApple IDを記入し、ログインしてください。

最後にMacを探す場合の設定もご解説します。

Macのアップルメニューからシステム環境設定を開きます。iCloudを押し、Macを探すにチェックを入れて終了です。サインイン画面が表示された場合はApple IDを記入し、ログインしてください。

このように、iPhoneでもMacでも設定自体はとても簡単になっています。

Macから「Phoneを探す」の使用方法

f:id:rick1208:20200420213131p:plain
ここからは実ときにiCloud、comから「iPhoneを探す」機能の使用方法をご解説します。iPhoneMacを紛失した場合でもMacなどのパソコンがあればすぐに場所を検出可能なので、こちらの使用方法を覚えておくととても便利です。

使用方法としては簡単で、ナビに従って操作すれば問題はないかと思いますが、iPhoneMacを紛失したときは焦ってしまわないように事前に覚えておくことをおススメします。

操作手順

f:id:rick1208:20200420213112p:plain
気を付ける点ですが、「iPhoneを探す」を使用する前に位置情報をオンにしていない人は予め設定から位置情報をオンにしておくのと、iPhoneApple IDを把握しておきましょう。

操作はMacなどのパソコンからインターネットブラウザを利用して行います。では、操作・使用方法をご説明していきます。

MacなどのパソコンからインターネットブラウザでiCloud、comにログインします。パソコンでiCloud、comにログインをするときはiPhoneApple IDでログインしてください。

MacなどのパソコンでiCloud、comにログインした後、「iPhoneを探す」のアイコンを押します。

Apple IDを再度記入する画面が出てくるので記入します。Apple IDを記入するとMacなどのパソコンにiPhoneの位置情報が表示されます。iPadMaciPod touchなどデバイスが複数ある場合は探したいデバイスを選びましょう。

予め設定しておくだけでMacなどのパソコンのiCloud、comからどこにあるか調べることが可能なので便利です。

サウンド再生の操作

f:id:rick1208:20200420212452p:plain
Macなどのパソコンで表示した位置情報の緑のアイコンをクリックするとiマークが出てくるので押します。上記画面のサウンド再生をクリックするとiPhoneからアラートが鳴ります。

サウンド再生は家の中でiPhoneがどこにあるかわからないという場合は便利な機能です。

このサウンド再生のアラートですが、最大2分間鳴り続きます。サウンド再生を解除するにはMacなどのパソコンではなくiPhone側から解除することになるのですが、ロックなしの状態かロックありの状態かで解除方法が変わります。

iPhoneがロックなしの場合にサウンド再生を止める方法をご解説します。iPhoneがロックなしの場合、「iPhoneを探す」アラートのダイアログが表示されるので「OK」を押すとを止めることが可能です。

難しい操作なしで素早くとめることが可能なのと、音もそれほど大きくはないので家にある場合は気軽に使うことが可能です。

iPhoneのロックありの場合はまずパスコードを記入します。記入した後に「iPhoneを探す」アラートのダイアログが表示されるので「OK」を押すと、ロックありの状態でもサウンド再生を止めることが可能です。

ロックありの状態でアラートを止める場合でも、Macなどのパソコンからではなく、iPhone側から解除します。
パスコードを記入する以外はロックなしの状態と同じ操作で止めることが可能です。

紛失したときにロックなしの状態だととても危険な為、下記にてMacから遠隔でiPhoneをロックありの状態にする使用方法をご説明しておきます。

紛失モードとは?

f:id:rick1208:20200420211819p:plain
紛失モードとは、iPhoneの画面にメッセージと連絡先を表示することができ、iPhoneを見つけてくれた人にコンタクトを取ることが可能な機能です。

紛失モードにした場合iPhoneMacなどのパソコンから遠隔操作でロックありにすることが可能なので、iPhoneを紛失してロックなしの場合はまず最初にMacなどのパソコンから紛失モードにしましょう。

紛失モードの使用方法ですが、Macなどのパソコンで紛失モードを押した後上記ダイアログが出てくるので番号を記入し、次へを押します。

上記メッセージ記入画面が表示されるのでメッセージを記入し、終了を押します。解除する場合は再度Macなどのパソコンから紛失モードを押し、紛失をモードを停止を押します。iPhoneからもパスコードを記入すれば停止することが可能です。

iPhoneの消去とは?

f:id:rick1208:20200420211839p:plain
iPhoneを消去の機能ですが、Macなどのパソコンから遠隔でiPhoneの中の設定やコンテンツを消去することが可能です。どうしても安全面が気になるという人は使用しましょう。しかし、iPhoneを消去の機能を使うと位置情報がわからなくなるので気を付ける点です。

こちらはiOS 7以降であればMacなどのパソコンから遠隔で消去を行っても、iPhoneの場所を表示することが可能なようになっています。

iPhoneを探すの気を付ける点

f:id:rick1208:20200407234630p:plain
iPhoneを探す」や「Macを探す」機能は紛失したときにはとても便利です。しかし、気を付ける点として使用方法次第で悪用されてしまうパターンがあるということを知っておきましょう。ここでは「iPhoneを探す」や「Macを探す」機能の危険性についてご解説します。

居場所の監視の恐れ

f:id:rick1208:20200407234707p:plain
iPhoneを探す」や「Macを探す」は紛失したiPhoneMacを探すときに便利ですが、悪用されるとiPhoneMacを所持している自分自身がどこにいるかを教えてしまい、監視されている状態になるというのが気を付ける点です。

このような状態にならないためにもApple IDやパスコードは簡単に漏洩しないようにすることが大事です。

データの全消去

f:id:rick1208:20200407234614p:plain
iPhoneを消去機能を上記でご解説しましたが、この機能にも気を付ける点があります。Macなどから遠隔でコンテンツ・設定を消去可能なのでMacを使用している第3者に勝手に消去されてしまう場合があります。

iPhoneを探す」機能のご解説をしてきましたがいかがでしたと思いますか。iPhoneMacを紛失したときにとても便利な機能ですが、悪用される可能性があるという気を付ける点もあるので設定のときには気をつけましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200407233845p:plain
iPhoneを探す」を使用すればどこにあるかわからないiPhoneを容易に探すことが可能です。iPhoneを紛失したときは是非、利用してみてください。